毎日ケアしているのに、思っているほど結果が出ない。以前よりひどくなった気がする。
そう感じる時は、いつものスキンケアを見直してみては?
もしかしたら間違ったスキンケアを続けているのかもしれません。

洗浄力の強いもので洗い過ぎると、うるおいまで奪い取ってしまい乾燥の原因に。 乾燥がすすんだ肌はバリア機能が未熟になり、肌あれ・ニキビの原因になります。 汚れをおとし、必要なうるおいを奪わない洗顔料を選びましょう。
ただでさえデリケートに傾いた状態の肌に、ブラシやスクラブなどの物理的な負荷は肌への刺激になりかねません。やるとしたら、週1~2回に抑えましょう。
洗顔で肌がヒリヒリ感じたりするものがありますが、それは軽いピーリング作用のある成分が含まれている可能性も。洗い過ぎると、乾燥・肌あれの原因にもなるので注意して。
洗顔で肌を清潔に保つことは美肌にとって欠かせない要素。汚れをしっかり落としながらも、必要なうるおいを奪わない洗顔が重要です。肌トラブルを防ぎ、健康な肌を保つためにも、洗浄成分にこだわったもので洗いましょう。
洗顔後は一気に水分が奪われやすくなります。そうすると肌は必死で皮脂を分泌させようとややベタついた皮脂が多く出るようになり、それもニキビの原因に。健康な肌状態になるまでは、洗顔後、なるべく時間を置かずに、肌質に合った保湿ケアをしましょう。
ニキビの根本的な原因は複合的なものですが、過剰な皮脂分泌に対応した思春期ニキビ、乾燥肌に対応した大人ニキビ……と、ニキビケアも肌状態に合わせた処方になっています。大人ニキビなのに、思春期ニキビ用を使っているとさらなる肌トラブルを引き起こすことになり兼ねません。
刺激が強いニキビケアを使っている場合、ついニキビができた時だけニキビケアにとなりがちですが、これがニキビをくり返してしまうひとつの原因。ニキビケアには肌サイクルを考え、ニキビがキレイになった後でも使え、ニキビができにくい肌の土台を整えてくれるものが理想です。
大人ニキビは乾燥が原因といって、やたらむやみに保湿すればいいというものではありません。特にオイルや、濃厚なクリームは、毛穴に詰まったり、酸化しやすく注意が必要。肌が自らの力でうるおい成分を出せる猶予を与えてあげられる程度の、程よい保湿を心がけましょう。
大人ニキビは乾燥が原因といって、やたらむやみに保湿すればいいというものではありません。特にオイルや、濃厚なクリームは、毛穴に詰まったり、酸化しやすく注意が必要。肌が自らの力でうるおい成分を出せる猶予を与えてあげられる程度の、程よい保湿を心がけましょう。
大人ニキビは乾燥が原因といって、やたらむやみに保湿すればいいというものではありません。特にオイルや、濃厚なクリームは、毛穴に詰まったり、酸化しやすく注意が必要。肌が自らの力でうるおい成分を出せる猶予を与えてあげられる程度の、程よい保湿を心がけましょう。

人間の皮膚は若く健康な人で28日のサイクルで表面の角質が生まれかわります(乾燥や加齢などでサイクルの日数は変わります)。だから、すぐに変化が見られなくても、毎日コツコツとニキビケアを続けることが、キレイな肌への近道であり、ニキビリバウンドしないコツ。まずは1カ月お試しください。ネクアは肌の土台から整えるケアで、ニキビができにくくなる健康な肌を目指します。

ターンオーバー(肌周期)が遅いと、古い角質が毛穴を詰まらせてしまい、それがニキビの原因に。逆にターンオーバーが早いと、細胞が未熟な状態のまま肌表面に出てきてしまい、バリア機能が十分な状態が肌トラブルの原因になります。刺激の強いケアや過剰なケアが、ターンオーバーを乱す原因ですが、不規則な生活、紫外線、ストレス、偏食、喫煙、飲酒などもの生活習慣もその要因に!

「ネクアを使って2~3日で、ニキビの赤みが消えた!」といった効果が期待できる方もいれば、
「1週間したらなぜかニキビが増えてきた」と感じることもあるかもしれません。
肌のターンオーバーの周期は、若くて健康な人で約28日間。
つまり、肌は1カ月の間さまざまな変化を遂げて生まれ変わります。
まずはじっくり1カ月、2カ月という期間で自分の肌を観察していきましょう。